読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こめの、えいがぶろぐ

映画を毎日観たい

小説@星新一

小説
Googleのトップページが、星新一さんです。 生誕85周年を記念したバージョンです。 ホシヅルさん。 $こめの、えいがぶろぐ うちにある21冊。 いま平成23年だから今年あと2冊買って、1年に1冊ずつ増やしていこうかな。 $こめの、えいがぶろぐ 星さんは子供だって読めます。 私が初めて読んだのは確か小学生だったので、うちの娘もそろそろ読める年頃です。 いや、まだまだか。 ショートショートだから短時間で読めるので通勤時の友ですし、老若男女、たとえ本を読まない人にでも愛される本達だと想います。 私が一番好きなお話しは、「隣人」です。 星さん書いていません。 星さんが選び抜いた素人さんの作品なんです。 このお話しを読んでなんとなく後味が悪くて、どこか似た世界観を前に味わったことがあるなと思ったら、スカイハイだったんです。 そしてこの「隣人」の作者の素人さんが「高橋つとむ」。 え?本人?っていうね。 違うんでしょうけど。 $こめの、えいがぶろぐ ググってもどこにも載っていないし、未だ真相を知りません。 多分同一人物ではないですけど、驚きました。 ちなみに「隣人」は、星新一ショートショートの広場7にありますので、興味が有る方はぜひ。 ショートショートの広場(7) (講談社文庫)/著者不明 ¥490 Amazon.co.jp