読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こめの、えいがぶろぐ

映画を毎日観たい

01.25 ファイトクラブ ★3

映画@2013
ファイト・クラブ [Blu-ray]/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  米評価 ★★★☆☆ 主演 エドワード・ノートン ブラット・ピット 内容 不眠症に悩む若きエリートのジャック。 彼の空虚な生活は謎の男、タイラーと出会ってから一変する。自宅が火事になり、焼け出されたジャックはタイラーの家へ居候することに。 「お互いに殴り合う」というファイトにはまっていく二人のもとに、ファイト目当ての男たちが集いあうようになる。 そして秘密組織"ファイト・クラブ"がつくられた! ネタバレ注意! 感想 うーん。 1時間すぎたあたりからすごく面白かったのに、チャイムが鳴ったので出たら配置薬?の勧誘?みたいなのでインターホン越しに断ったりとかして邪魔されて少しいらっとしました。 これだから家での鑑賞は好かん。 と、話がそれました。 内容的には私がとても好きな展開です。 人間の心理が壊れつつ戻りつつとまどいつつ。 主人公が作中で、一人称について本を読みながら話すシーンがあったんだけど、この作品はあえて主人公の名前を出さないのでしょうか? 僕って言ってたし。 タイラー・ダーデンは仮名? 本名? なんかブラピ演じるタイラー・ダーデンって面白いね。 映画の中の映画ってかんじ。 セリフ回しとか、こうゆうのいいね。 宇多丸だって目指しちゃうわけだこりゃ。 結局は多重人格者のサイコ映画なの? のわりには、自分自身の受け入れが早すぎる気が。 こうゆう人って人格破壊するかなあ。 自分に自分を乗っ取られる場合って大抵壊れて終わるよね。(例えばブラックスワン) もしくは気づいてから頑張って頑張って這い上がって敵に勝つ。(例えばパーフェクトブルーファイトクラブの主人公は、すんなり受け入れてるんだよな。 それなのに、最後は化け物じみた死に方して。 そこがとても不自然に感じてしまったので、少し受け入れませんでした。 $こめの、えいがぶろぐ この絵が不気味。 $こめの、えいがぶろぐ このジャップ?アジア人が杉村太蔵にしか見えない。 さて町山さんの解釈サイトでもみてみよっと。 あ、この映画、もし邦画だとしたら妻夫木聡が似合うなあと思った。 エドワード・ノートンの方ね。