読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こめの、えいがぶろぐ

映画を毎日観たい

03.11 ヘルプ ★3

映画@2013
ヘルプ (上) 心がつなぐストーリー (集英社文庫)/集英社   上映時間 146分   監督 テイト・テイラー   主演 エマ・ストーン
内容 アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、一人の女性の勇気が社会を揺るがすことになる。 米評価 ★★★☆☆ ネタバレ注意! 感想 私のばあちゃんに似てます。エイビリーンが。 愚痴の言い方だったり、それがすべて悪口ではないところとか顔も全部!笑 これは本当の事なんですよね。少し偏見が混ざっているのだろうし、持ってる部分もあれど…、今流行のママ友の確執?みたいなものも描かれていて面白いです。 馬鹿娘に対してのママン最高。あのシーン。 $こめの、えいがぶろぐ このパイ。 それまでは、少し真剣に人種差別や州の醜態?を一見まじめに描いているのに。 やっぱりコメディなので楽しめます。 しかし、何故こうゆう映画のメイドなり、私のばあちゃんはこういった表情がうまいのでしょう。 こめの、えいがぶろぐ そして、ユール・メイの窃盗だって、コンスタンティンの娘の無礼だって、非があるのは白人ではないのでは?論点が「白人が悪い」となっている事に違和感。人種差別が偏見が元になっているといえど、その「人種差別する白人」もまた偏見で描かれているっていう違和感。 まあ仕方ないか。 シーリアとヒリーのママン最高。 こめの、えいがぶろぐ 最後、エイビリーンが歩いて行く先はどこなのだろうか? 見通しの良い道がまっすぐ続き、そこを歩いて行くシーンで映画は終わる。 その意味は? 彼女はメイドとしてお嬢ちゃんのそばから離れるべきではないし、ヒリーだってあの意地悪を続けるべきではない。なのに「今、私は自由になれた」という終わり方。 ただ無職になっただけでは? 「人種差別と戦う様」を表しているようで表しきれていなかった。 さいごがもう少しまとまっていれば4だったけど星は3つ。 フライドチキンが食べたい(・∀・)焦げてない美味しいやつね。 モスバーガーオリジナル和風フライドチキン冷凍 モスチキン 10本入り【送料無料】 ¥2,400 楽天