読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こめの、えいがぶろぐ

映画を毎日観たい

02.10 リンカーン ★3

米評価 ★★★☆☆

内容 真実を伏せて権利で票を勝ち得た、恐妻持ちのうんちく男の半生。

ネタバレOKの方はどうぞ(o´罒`o)

感想 これは、私の観たままの感想です。
 人権がない状態の人間は、税金や国が保証するお金の流れに慣れてないのでは?とすると、いきなり人権を与えられたところで、例えばサブプライムローンみたく低所得者もくめる借金をしてしまうのでは?
 奴隷から逃れたとしても、結局はアメリカに支配されてしまうのでは?
 法の上での人権の保証っていうのは、知恵があって初めて使えるのであって、知らないままの人間にとってどんな利点があるのだろうか?
 南部と北部で、この後も奴隷制度の適用化が図れない地区もあった様子。そりゃあそうでしょう。
 私の中で、どうしても奴隷に対しての認識が甘い気がするので、掘り下げてみようと思う。

 ・リンカーン夫人の人となり
 ・息子の行く末
 ・大塚ほうちゅう役の役職

この3点が気になった箇所。
 まず、メアリー・トッド・リンカーン。ネットで調べたら「恐妻」「精神病院」「悪妻」と散々な書かれようだった。すごく気になるけど、出鼻をくじかれた感が否めない。長男にしても、きっと夫人を知らないことには進めないと思うので、リンカーン家についてはまた今度。

映画『リンカーン』特別映像 - YouTube